画像

「下関市まちづくり構想検討委員会」に参加します。

日時:2022年7月6日」(水)18:00~20:30

会場:下関市役所 本庁舎西棟5階・大会議室

「突撃まちづくりセミナー@小倉」に登壇します!

日時:2022年7月8日(金)10:00~

会場:タンガテーブル

内容:小倉での実践者たちによるトークセッション
〜10年を通じで小倉起こった分野横断的な動き〜
登壇者:梯 輝元氏(中屋興産株式会社)
    遠矢弘毅氏(株式会社北九州家守舎)
    西村 浩氏(株式会社ワークヴィジョンズ)

突撃まちづくりセミナー@小倉|リノベーションスクール|ReReRe Renovation!

「北九州市平和のまちミュージアム」に行ってきました。

令和4年4月19日オープンした「北九州市平和のまちミュージアム」にオープン後約1ヶ月経過して行ってきました。その感想を3点にまとめてみました。

1.施設のコンセプトが「市民の戦争体験や当時の暮らしを物語る資料などを保存・継承していく。」「戦争の悲惨さや平和の大切さ、命の尊さについて考える機会を提供する。」とされている。しかしながら、今日のロシアのウクライナ侵攻により、戦争の悲惨さや平和の大切さについては、日々テレビで放送され、77年前の戦争を振り返る必要もないほど、現在の日本人のすべてが実感しているところである。平和のまちミュージアムが今日の戦争やジェノサイドの悲惨さ平和の大切さについてどのようなメッセージを発しようとしているのか不明である。

2.総工事費10億円、年間維持経費8,000万円超といわれているが、乏しい北九州市の予算において、平和のまちミュージアムにこれだけの予算を支出するだけの意義があるのか。北九州市においては、40年間で20%の公共施設を削減するとされている。このこととの政策の整合性があるのか。また、更新の必要な公共施設や耐震改修の必要な施設も数多く、利用者が多数に上るこれらの公共施設に先駆けて平和のまちミュージアムを建設する必要性があったか。

3.平和のまちミュージアムの正面にある中央図書館は、磯崎新氏の設計であり、歴史的建造物である。平和のまちミュージアムは、それに見合うだけの価値のある建造物か。受付に平和のまちミュージアムの設計者について尋ねたところ答えられなかったばかりか、有名な人ではないと聞いていますという返事だった。また、北九州市はSDGs先進都市であるのに平和のまちミュージアムには、環境に配慮したエコのシステムを挿入しているとの告知が全くない。北九州市の施策全体との整合性が感じられない。

「滅びない商店街のつくり方」出版!

学芸出版社:

「『地域DX』ソーシャル・イノベーションの最前線」参加しました。

日 時:2022年4月23日(土) 16:30~19:00
テーマ:デジタル田園都市国家構想実現に向けた「地域DX」ソーシャル・イノベーションの最前線
ゲストスピーカー 御友 重希 (みとも  しげき)氏
内閣官房 デジタル田園都市国家構想実現会議事務局 内閣参事官
米コーネル大MBA/経済学士。
岸田内閣が「新しい資本主義」 の柱の一つとするデジタル田園都市国歌構想(デジ田)は、
● 地方の豊かさをそのままに、利便性と魅力を備えた新たな地方像
● 産官学民の連携の下、 地方が抱える課題をデジタル実装を通じて解決し、 誰一人取り残されず全ての人がデジタル化のメリットを享受できる 心豊かな暮らし
● 地域の個性を活かした地方活性化をはかり、 地方から国全体へのボトムアップの成長や科学的エビデンスに基づ く政策、経営等
を実現する持続可能な経済社会を目指します。
日々働き、学び、暮らす生活や地域で官民有志が集い、 ポストコロナの全く新しい世界像を「地域メタバース」 など活用して提示し、これを目指してデジタルの実装を進め、 利便性を高め、魅力を発信することで、都市と田園、 世界と地域がつながる新たな変革の波(地域DX)を起こします。
その最前線で「地域DX」 をリードする産官学民各界のソーシャル・ イノベーターをパネリストとしてお呼びし、地域の暮らし(医療・ 介護、保育・子育て、生活情報)、都市・田園空間(防犯、防災、 行政サービス情報)、産業(多様な働き方、多拠点居住情報)、 大学・研究教育機関(リカレント教育)からの新たな取組と、 地域・コミュニティ情報インフラ、地域資源データベース、 世界とつな地域メダバースの構築を、 現実の地域創生や活性化に生かす、「デジ田」 行動計画を打ち立て実行していきます。
(経歴)御友 重希 (みとも  しげき)氏
内閣官房 デジタル田園都市国家構想実現会議事務局 内閣参事官
尾張名古屋生まれ。三女二男の父。米コーネル大MBA/経済学士。
大蔵/財務省で主計・主税・理財・国際局、伊ローマの大使館、官邸秘書官を経て、英チャタムハウス、G7時に環境省、G20時に金融庁に出向。JCや商工会等と「Common earth Park」「SDGs Innovation」共創で連携。

パネリスト:

北九州市産業経済局次世代産業推進課 ロボット・DX推進担当課長 大庭 英明
魚町商店街振興組合 理事長 梯 輝元
株式会社ノウハウバンク 代表取締役 三科公孝

下関市「リノベーションまちづくり」セミナーを行いました。

日時:2022年3月27日(日)14:00~15:30

会場:コーエービル3階

愛媛県商店街振興組合連合会でセミナーを行いました。

「旧西日本シティ銀行解体説明会」開催!

日時:2022年3月23日(水)16:00~

会場:中屋ビル4階

「(仮称)ミクニ魚町ビル」建設計画のお知らせ | 不動産のことなら-ミクニ|総合不動産業(賃貸・売買等)

https://mknw.co.jp/info/2021-12-20-477

コクラ・クロサキ リビテーション 北九州市

https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ken-to/07000027.html#:~:text=%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%89,%E8%BE%BC%E3%82%81%E3%81%A6%E5%90%8D%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82

「中小企業組合士スキルアップ研修会」に参加しました。

日時:2022年1月14日(金)10:00~16:00

会場:リファレンス大博多ビル会議室1120

1.オンラインツールの活用法

2.経営戦略としての事業継続計画(BCP)の真意

「小倉中央商業連合会 新年互礼会」参加しました!

挨拶する小松中商連理事長
挨拶する北橋北九州市長

日時:2022年1月6日(木)12:00~13:15

会場:ステーションホテル小倉