新型コロナウィルスン関する事業者ワンストップ相談窓口相談員になりました。

2020年5月14日(木)から行政書士会から派遣されて新型コロナウィルスン関する事業者ワンストップ相談窓口相談員になりました。

初日の午前中は、先輩相談員について相談内容を勉強して、午後から相談を受けました。

私が受けた相談数は5名、あっという間の1日でした。

もっぱらセーフティネット6号の認定に関する相談です。

「新型コロナウイルス感染症」の影響に伴う事業者向け相談窓口について【予約制】 – 北九州市
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/10700296.html

福岡県知事に要望書を提出しました。

新型コロナウィルス感染症の緊急事態宣言に伴う福岡県の特定警戒都道府県解除を前に福岡県知事に対して、要望書を提出しました。

提出者は、福岡県商店街連合会と福岡市商店街百貨店量販店連盟の連名ですが、私自身も福岡県商店街振興組合連合会理事長として陳情書の中味に意見を言わせていただきました。

福岡県商店街振興組合連合会としては、明日(2020年5月14日)の特別警戒都道府県解除を受けて、事前に実施したアンケートをもとに商業振興策について、福岡県知事に要望書を提出する予定です。

令和2年5月13日

福岡県知事
 小 川  洋 殿

福岡県における商業集積への協力要請の緩和について

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、4月8日から5月末まで実施されている休業・自粛要請に関しては、5月14日に開催される政府の専門家会議を経て、緊急事態宣言ならびに特定警戒都道府県の指定が一部解除されるか否かについて発表がなされることとなっております。
また小川知事におかれましては、「必要な医療体制を確保しつつ、段階的に経済、社会活動のレベルを上げていきたい」と、緊急事態宣言に基づく制限緩和に向けた新たな考え方や実施時期の方針を、5月14日にも示すと報道されております。

流通小売業界は、消費税率の引き上げによる消費の落ち込みや暖冬などの影響で季節性の商品販売に苦戦しているところに、この度の新型コロナウイルス感染症拡大防止への協力要請を受け、百貨店や商業施設に入居する店舗においては休業を余儀なくされ、また商店街等の店舗においては協力依頼への対応や消費者への外出自粛要請の影響により売上が低下しており、経営的に大変厳しい状況が続いております。

ついては、福岡県が「特定警戒都道府県」の指定を解除された場合、休業・自粛要請の緩和について、商店街、百貨店、量販店等のあらゆる商業集積に対し、緩和の対象に加えていただき、早急な地域経済活動の再開に向けたご支援を賜りますようお願い申し上げます。

福岡県商店街連合会
会長  鳥 巣   勲

福岡市商店街百貨店量販店連盟
会長  正 木 計太郎 

「北九州空き家リノベ補助金」が創設されました。

空き家リノベ補助(住まいの安全安心・流通促進事業) – 北九州市
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ken-to/k7400006.html

「令和2年度「住まいの安全安心・流通促進事業」の変更点(PDF形式:356kB)」のPDFファイルが壊れていますね。

「空き家リノベ補助(住まいの安全安心・流通促進事業)リーフレット(PDF形式:719KB)」も壊れています。

PDFファイル壊したままでUPするなんて考えられないけど、すぐに修正すると思います。

北九州市独自 新型コロナ対策 緊急事態に宣言に伴う緊急経済支援策

緊急事態宣言に伴う北九州市独自の緊急経済支援策について – 北九州市
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/09901239.html

キタキュウYELLプロジェクト「夏に行く券」発進!

 2020年4月16日、北九州市が以下のようなプロジェクトを開始しました。

 北九州市では、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、経営に大幅な支障をきたしている事業者の皆様のために、何か応援できないことはないかと考え、クラウドファンディングを活用した応援プロジェクトを実施します!
 本プロジェクトは、市民を中心とした全国の皆様からクラウドファンディングサイトを通じて、市内の店舗・事業者等(以下、店舗等)への支援を募り、集まったお金を登録されている店舗等にお支払いすることで、未来の収益を先に確保するプロジェクトです。支援者には、新型コロナウイルスの収束後に利用できる「プレミアム付き応援チケット『夏に行く券』」(以下、「チケット」)を発行します。
 本プロジェクトへの登録は無料です。ぜひご登録いただき、将来に向けて、今を一緒に頑張っていきましょう!

【キタキュウYELLプロジェクト第2弾】クラウドファンディングでお店を応援「夏に行く券」参加事業者を募集します! – 北九州市
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/27200173.html

:引用終わり

 2020年4月14日に「cafe causa」さんが同じような取組みを始めていて4日程でほぼ予定の金額を集めています。

 「場」を残し、飲食店の新しい連携体(協同組合)を創出したい。 – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)
https://camp-fire.jp/projects/view/255199?utm_campaign=255199&utm_medium=stepmail&utm_source=patron

緊急事態宣言に伴う北九州市独自の緊急経済支援策について

福岡市に遅れて北九州市にも「緊急事態宣言に伴う北九州市独自の緊急経済支援策」が本日発表されました。

福岡市 新型コロナウイルス感染症について(2020年4月15日)
https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/health/kansen/nCorV.html#kks

緊急事態宣言に基づき福岡県から出された休業要請を受け休業した施設や時間短縮営業した飲食店などの店舗の賃料の8割,上限50万円を支給します。

緊急事態宣言に伴う北九州市独自の緊急経済支援策について – 北九州市(2020年4月16日)
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/09901239.html

緊急事態宣言に基づき福岡県から出された休業のcを受け、ビルオーナーに対し、賃料の減額や免除を要請するとともに、休業した中小企業・小規模事業者等の店舗の賃料(補助率5分の4、上限40万円)を支援)します。

福岡県から出された休業の協力要請・協力依頼
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/attachment/110145.pdf

福岡市と北九州市で微妙に支援対象施設・店舗の範囲が違います。北九州市の対象店舗には、飲食店が入っていないようにも読み取れます。また、休業の協力要請・協力依頼されていない一般の魚屋さん、八百屋さん、花屋さん、洋服店、美容院その他は支援対象施設・店舗に含まれていないようですね。

追伸:魚町商店街振興組合は、本日の役員会で本年4月~9月までの組合費(賦課金)を半額とすることを決定しました。

魚町銀天街SOS!

 魚町銀天街(南側)の2020年4月12日(日)の休業店舗は、95店舗中25店舗(約26%)です。

 4月8日に行った「新型コロナウィルス感染症に関する緊急アンケート」(95店舗中21店舗回収)によれば、売上の減少率は以下の通りです。

原状維持:15% 10%減: 5% 20%減: 5% 30%減: 5% 40%減:10%
50%減:30% 60%減:10% 70%減: 5% 80%減: 0% 90%減:15%

新型コロナウィルス感染症に関する緊急アンケート