北中連の北九州市長施策要望に参加しました。

日時:2021年8月30日(月)10:00~10:35

会場:北九州市庁舎5階 特別会議室

私の提案した商業振興対策要望は以下の通りです。

[商業振興対策]
16 プレミアム商品券発行事業は、商業者にとって非常に有意義で効果の高い施策であるので、来年度も引き続き予算を確保するとともに予算の増額をお願いしたい。
 なお、電子マネーによるプレミアム商品券は、システムの関係で使用できない商店・大型店もあり、市民にとってなじみがなく、予定された額が購入されなかった。したがって、紙による商品券の発行支援に注力してもらいたい。
  また、個店それぞれに誓約書の提出を求めたり、商品券を5年間倉庫に保存しなければならないなど実態に合わない要綱が定められているので、再考を求めたい。

17 イオンモールのプレスリリースや、北九州市に届出された大規模小売店舗立地法の届出書の内容等を通じて出店計画の概要が明らかになりつつある。
 この大規模施設が、例えば福岡市などからも消費者の足を運ばせるような広域集客をする魅力あるものとしてほしい。また、北九州市が同じ敷地内に移転開設を予定している新科学館はじめ、隣接するいのちの旅博物館、環境ミュージアムとの相乗効果を最大限発揮するような仕組みづくり、運営を願いたい。
 そして、それが、北九州全体の回遊性向上、北九州市全体の地域商業につながるような街づくりを推進してほしい。

18 小倉都心部では、京町二丁目、魚町三丁目に複数の再開発事業、ビル新築事業が計画されている。容積率の緩和などの施策を通じて、これらの事業の採算性向上に努めてほしい。
 また、この地区は昭和40年頃に制定された駐車場整備地区になっている。当時は、公営、民間の駐車場も少なく、マイカーを所有することに価値がある時代であったが、現在は公営、民間の駐車場も増え、マイカーを持たない世代も増える状況にある。これに伴い駐車場整備地区を定めた条例は意味を持たなくなり、また再開発事業などの足かせになっている。ついては、住宅戸数に対する設置台数及び距離基準を緩和していただきたい。

19 他都市での客引きが駅から離れた繁華街で行われているのに対し、北九州市の表玄関である小倉駅周辺における飲食店の客引きは、市民にとって迷惑であるとともに住みよい街、起業しやすい街北九州市のイメージを著しく引き下げている。
 北九州市は、警備員を雇用して、悪質な客引きを排除するというが、根拠とする条例がなくては取り締まることはできない。また、家賃の安いところに店舗を構えて、客引きに報酬を払い、客を誘引するという新しいビジネスモデルと称する飲食店の理屈を北九州市は、突き崩せないでいるので、早急な客引き禁止の条例の制定を望む。

20 黒崎で開催されているリノベーションスクールを中心とするリノベーションまちづくりについては、寿通りなど、その成果が少しずつ見えている点もあるが、黒崎地区全体への広範な広がりには欠けている。
 平成23年から平成30年まで13回開催を重ねた小倉魚町における成果を正確にまとめ上げ、その知見を活かし、オール黒崎で取組むような体制づくりが重要であり、市には、その実現のため、幅広いまちづくり関係者に参加を働きかけてほしい。
 また、小倉魚町、黒崎地区だけでなく北九州市内の他地域にもリノベーションまちづくりが行われるような取り組みをお願いしたい。

21 商店街・市場の再生には、北九州市内の商店街・市場の情報交換・意見交換が重要である。お互いの商店街・市場がどのような取り組みをして、どのような効果を出しているかを知ることで、自らの商店街・市場の立ち位置・方向性が明確になる。
 従来、商店街青年部連絡協議会やおかみさん会における交流が、この情報交換の機能を果たしてきた。しかし、メンバーの年齢層の上昇、担い手不足や母体である商店街本体の弱体化もあり活動停止を余儀なくされ、これに代わる情報交換の場づくりが急務となっている。
 市が商店街関係者を対象とする勉強会、講演会、セミナーなどを開催する際に、極力、意見交換や情報交換を行うプログラムを組み込み、実質的にこの機能の再生を図ってほしい。幅広く知見を得ようとする強い意欲を持った参加者間の意見・情報交換は、商店街の再生に向けた強力な人的ネットワーク形成に寄与すると考える。

22 商店街アーケードのほとんどは昭和40年〜50年ごろに建造されて、老朽化が甚だ進行している。しかし、改修・撤去に大きな費用がかかるため、手づかずのままになっているものが数多い。火災感知システム・非常用放送・連結送水管など消防設備の不備もあり、一旦火事になると木造家屋を中心に甚大な被害が生ずる恐れが強い。
 事故・災害を未然に防ぐため商店街・市場のアーケードの老朽化診断を早急に行い、指導を徹底・強化するとともに、改修・撤去に対する補助率を福岡県と同レベルまで引き上げてほしい。

23 北九州市は、OECDからSDGsのモデル都市として、アジアで初めて選定されている。北九州市の企業、商店街においてもSDGsの先進的な取組を行っているものも多い。
 実際に魚町商店街においては、中学、高校、大学のSDGs視察、修学旅行受入れの要請が多数来ている。これは、北九州市のSDGsに対する取組を日本全国に広めるよい契機であるとともに、視察などの受け入れによる飲食、お土産、ホテル宿泊などの経済効果も大きい。
 北九州市として、SDGs視察受入れを積極的に誘致するとともに、企業、商店街を回るパッケージツアーの取りまとめ、多人数の移動に伴うバス駐車場の確保、案内員の育成、視察受入れに対する助成制度の創設などに取組んでもらいたい。

24 北九州市がおこなう新規オフィス建設・誘致に関する補助金「次世代スマートビル建設促進補助金」「オフィスリノベーション補助金」などは、その要件が床面積330㎡(100坪)以上であったりと中小事業者にとって利用不可能なものが多い。
 そもそも今後、北九州市にオフィス需要があるかどうかを再検討するとともに、中小事業者にも利用できるように要件の緩和をお願いしたい。

25 北九州まなびとESDステーションは、学生、社会人、高齢者などの課題解決の場、社会参加の場、生涯学習の場であるとともに、2018年4月にOECDより「SDGs推進に向けた世界のモデル都市」にアジア地域で初めて選定された北九州市のSDGs支援・実行の場となっている。
 コロナ禍において、来訪者も減少しているが、このような施設が中心市街地にあることは、他地域からの視察などにおいても非常に高く評価されている。北九州まなびとESDステーション運営する北九州ESD協議会への支援を継続し拡充するとともにESDとSDGsの連携を強化していただきたい。

一般社団法人 北九州中小企業団体連合会(公式ホームページ)

https://hokuchu.or.jp/

「リノベーションまちづくり家守育成セミナー」に参加しました。

日時:2021年8月3日(火)

会場:大丸下関店7階 JOIN083

RENOSTA. リノベーションまちづくり下関(リノスタしものせき) | Facebook

https://www.facebook.com/renosta.shimonoseki/

株式会社らいおん建築事務所 | Facebook

https://www.facebook.com/lionkenchiku/

「商店街リーダー実践力向上塾」に登壇します。

主催:東京都中小企業振興公社

https://www.tokyo-kosha.or.jp/

第31回福岡県商店街振興組合連合会総会に出席しました。

理事長として2期目がスタートしました。

日時:2021年6月29日(火)15:00~16:00

会場:ANAクラウンホテル福岡

福岡県商店街振興組合連合会 – YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCEMoLVecLJUO0LI-MVC7CCA

(一社)北九州中小企業団体連合会の総会に出席しました。

一般社団法人北九州中小企業団体連合会の第46回通常総会に参加しました。

昨年に続き、議長を務めました。

北中連も御多分に漏れず組織率の低下に悩んでいます。

福岡県中小企業団体中央会北九州支所との連携を深めていくことが決議されました。

一般社団法人 北九州中小企業団体連合会(公式ホームページ)

https://hokuchu.or.jp/

「会議所ニュース」の掲載されました。

会議所ニュース 2021年6月1日号

SDGs×商店街がつくる未来
 「正しいことをやるのに、理由はいりません」取材の質問にこう即答したのは、魚町商店街振興組合(福岡県北九州市)理事長梯 輝元さん。「なぜ取り組んだのか?」と問われると、穏やかに答えた。
 江戸時代から続く魚河岸を期限とする魚町は、北九州市隋一の繁華街。JR小倉駅から市民の台所としてにぎわう旦過市場まで、南北へ約400m続く魚町銀天街には約160のさまざまな店が軒を連ねている。
 昭和40年代後半のピーク時には、歩行者通行量はおよそ3万9000人を数え、歩くにも肩と肩が触れ合うようなにぎわいを誇っていた。
 しかし、その後、郊外などへの大型店の出店が続くと通行量は1万人ほどに減少し、空き店舗が目立つようになっていった・・・。
 商いの本質は変化対応にある
 梯さんは商店街で金物屋を営む商家に生まれ育ち、魚町の盛衰を見続けてきた。その後、不動産業へと転換した家業を継いだ彼は、既存の不動産を生かしたリノベーションによるまちづくりに取り組む。
 自社物件ビルでクリエーターや商店主の活動拠点となる「メルカート三番街」事業をはじめ、新しい事業者がチャレンジできる場をまちの中に取り戻していった。そして、「リノベーションまちづくりを学ぶなら発祥の地、小倉魚町」が、全国で同じ課題に向き合う商人たちの共通認識となり、銀天街にも徐々に人の流れが戻りかけていた矢先、状況は暗転した。
 2020年のコロナ禍である。通行量は1万人台と、振出しに戻ってしまった。
 「商いの本質は変化対応業。時代の変化に合わせて、暮らしのニーズに寄り添って変わっていくのが商店街の役割です。だから、いかなる変化にも私たちは屈しません」
 では、そう語る梯さんが「正しいこと」のために取り組んだことは何だったのか。
 それは地球に生きる人類全体の未来に関わる国際目標。15年9月の国連サミットで採択された、30年までに持続可能でより良い世界を目指し、17のゴールと169のターゲットから構成されているSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標であった。
 普段の商いで取り組む持続可能な社会活動
 さかのびぼること3年前、18年4月に北九州市がOECD(経済協力開発機構)からアジア地域で初めてSDGs推進モデル都市に選ばれた。それを受けて魚町銀天街は、同年8月に「SDGs商店街」を宣言、活動を開始した。17のゴールの4番目「質の高い教育をみんなに」と11番目「住み続けられるまちづくりを」を中心に、全ての目標に取り組んでいる。
 例えば、ある店では廃棄野菜の減少を目指して市場流通から外れるものの鮮度の良い規格外野菜を販売し、ある店では賞味期限間近の食品を仕入れ、お値打ち価格で販売することにより売り上げを伸ばしている。また、環境保全の観点から竹を活用した商品開発が行われ、また茶舗では出がらしの茶葉をおいしく食べる専用ポン酢が商品化されている。
 このように、普段の商いの中でSDGsに取り組んでいる。SDGs商店街宣言を機に、それぞれの商店主にまちや地域の将来への問題意識が芽生え、その解決のために「自分に何ができるか」と意識が変わり、活動が変わり始めている。
 「商店街は、単に物を売ったり買ったりするだけの場ではありません。地域やコミュニティの再生と活性化のために役立ちたい。そうすれば、にぎわいは取り戻せる」と梯さん。この取り組みを通じて次代を担うリーダーも育っているという。
 数年後には、近隣の商業施設で大幅増床が予定されているが、梯さんの未来を見据えての活動に揺るぎはない。物の売り買いの中にあって、物の売り買いを超えた価値を添えてこそ、店や企業は存在を許され、継続的に繁栄できる時代を迎えていることを、魚町銀天街は教えてくれる。
(商い未来研究所・笹井清範)

魚町サンロードの取組が内閣府国家戦略特区特区対談に掲載されました。

Vol9 特区制度を活用した賑わいのまちづくり 北九州市におけるエリアマネジメントの取組
・梯 輝元 鳥町まちづくり会議推進協議会
・山田早桜 北九州市 建設局道路計画課
・泉山塁威 日本大学理工学部建築学科 助教/一般社団法人ソトノバ 共同代表理事・編集長

人口減少時代を迎え、日本におけるまちづくりは、今ある地域の資源をうまく活用していく形への転換が求められています。既存の施設を保全・活用しつつ、地域の特色や魅力を発信し、地域住民をはじめとする人と人の結びつきを強めるためには、その地域の自治体、事業者、地権者、住民など幅広い人々が連携し、地域を盛り上げる様々な活動を主体的かつ継続的に取り組んでいくことが重要です。今回は、商店街におけるエリアマネジメント事業に取り組んでいる北九州市にフォーカスを当て、自治体と民間事業者それぞれの立場から、これまでの取組と今後の可能性について語っていただきました。

特区対談

https://www.chisou.go.jp/tiiki/kokusentoc/taidan.html

魚町銀天街に昆虫食自動販売機を

 初心者でも食べやすい「昆虫食」を自動販売機でー。東京農業大学(東京)の学生たちが、昆虫のふりかけやサイダーなどの昆虫食を販売する自動販売機を北九州市の魚町銀天街に設置する計画を立てている。

 地球温暖化や人口増加に伴う世界的な食料不足の解決策として期待が高まる昆虫食に親しんでもらうのが狙い。

 資金200万円をインターンネットの募金「クラウドファンディング(CF)」で募っている。6月23日まで。

昆虫食普及に向けて、初心者でも食べやすい商品を企画・開発・販売がしたい!! – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

https://camp-fire.jp/projects/view/394813?fbclid=IwAR3Kj7uWCPBAoM2Ky81agiTgzJjIZ4ZpP50dCjfVsUcLD3JBjxqC8j8Hyyo

「北九州再生推進会議発足式」に参加しました。

日時:2021年11月28日(土)18:00~

会場:リーガロイヤルホテル小倉 3Fエンパイアルーム

基 調 講 演 1「国際金融都市構想の推進」元香港貿易発展局日本首席代表 古田 茂美

基 調 講 演 2「インド・バンガロール(IT都市)企業との提携推進」 ドラフトジャパン協同組合 事務局長 サプコタ・サガル 様 ドラフトジャパン協同組合 経営企画室・室長 平山 孝一郎

基 調 講 演 3「米国ウイスコンシン州立大学(ホスピタリティ学部)の誘致」代弁 井上秀作(特定非営利活動法人アジア環境技術推進機構 理事長 川上 彰夫 様

北九州再生推進会議 | Facebook

https://www.facebook.com/hokusaishin/

「旧丸源会館跡地新ビル建築説明会」開催!