小倉都心部ループバスは継続されます。

 九州運輸局の交付金をいただいて社会実験的に北九州市が運営していた「小倉都心部インバウンド向けループバス」は3月1日以降も西鉄バスさんのご尽力もあって試験的運行されます。

 小倉都心部インバウンド向けループバス運行事業に係る実証事業第4回関係者会議・第6回ワーキングが以下の日程で開催されました。

日時:2019年3月14日(木)14:00~15:30
会場:AIM3階313会議室

 目標・採算ラインは、1日1000人。実際には1日平均118に人。その内、外国人旅行者は推計で24%でした。

 目標・採算ラインには、遠く及びませんでしたが、西鉄バスさんの年間2000万円という赤字にもかかわらず、社会的意義のある事業だからということで試験的に運行していただけることになりました。

 しかし、九州運輸局の引き続き事業に対する北九州市への協力の要請があったにもかかわらず、北九州市は運営協議会を引き続き運営する気持ちはないとのことでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中