月別アーカイブ: 5月 2019

「魚町三丁目2番地区まちづくり協議会設立総会」に参加しました。

魚町三丁目2番地区まちづくり協議会
設立総会 次第
1.開会
2.設立発起人代表挨拶
  設立趣意書
3.設立までの経緯
4.議事
  議長選出
 ①規約の制定
 ②役員の選任
 ③事業協力者の選任
5.事業協力者挨拶
6.報告事項
 ①まちづくり協議会の主な活動内容
 ②次回全体開会の日程
7.閉会

ギラヴァンツ補助金1000万円減 北九州市が本年度方針 「経営努力促す」

ギラヴァンツ補助金1000万円減 北九州市が本年度方針 「経営努力促す」
2019/5/18 6:03 (2019/5/18 6:03 更新)
西日本新聞 北九州版

 北九州市は、サッカーJ3のギラヴァンツ北九州の経営を支援する補助金について、2019年度は前年度比1千万円減の4千万円に減らす方針を固めた。減額は2年連続。今期のギラヴァンツは開幕当初から好調で「段階的に減らし、経営努力を促す」とした当初方針を維持する。30日開会予定の市議会6月定例会に提案する19年度一般会計当初予算案に盛り込む。
 1月末に市長選があり、3月定例会では4~6月の暫定予算案を可決。その中では1千万円まで盛り込んでいた。北橋健治市長は2月の会見で「段階的に減らしていく方針だが、主要スポンサー、経済界と協議して決めたい」としていた。
 ギラヴァンツは現在、首位を維持。関係者によると、入場料収入の改善も見込まれ、ギラヴァンツ側も経営改革を進めていることを踏まえて減額するという。
 市は、ギラヴァンツ前身のニューウェーブ北九州時代の06年度、初めて3千万円の補助金を支出。J2昇格後、12年度から6千万円に増やしたが、成績不振で17年からJ3に降格。市は18年度、初の減額に踏み切り5千万円とした一方、昨年はリーグ最下位にとどまっていた。これまでの補助金の総額は6億7千万円。
=2019/05/18付 西日本新聞朝刊=

引用終わり:

勝っていて上り調子の時に予算を減らすなんて、お金の使い方知っています?

今年10月開催予定の1日限りのTGCを止めて、ギラヴァンツ北九州に予算を注ぎ込んだ方がよいと思います。

北九州市の予算案5630億円 雇用促進やにぎわい創出
2018/2/14 17:00 (2018/2/14 17:00 更新)
西日本新聞

 北九州市は14日、2018年度一般会計当初予算案を発表した。総額は17年度当初比0.03%増の5630億円で過去4番目の規模。人口減少数が全国の市町村で最も多い現状を踏まえ、移住や地元雇用の促進策、街のにぎわいづくりなどに重点配分した。21日開会の市議会定例会に提案する。
 新規事業では、テーマパーク「スペースワールド」(同市八幡東区)の昨年末の閉園に伴い、新たな修学旅行や体験型観光メニューの開発経費に1000万円を計上。地元企業の求人情報などに詳しいアドバイザーを市内の大学に派遣し、学生の就職を後押しする事業にも1000万円を充てる。
 年末に予定する若戸大橋・若戸トンネル無料化に向けた借入金返済などの経費(30億円)や、国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」の開催事業費(3900万円)も盛り込んだ。同市でのTGC開催は4年連続。
 北橋健治市長は「今年は市制55周年の節目の年。街のにぎわいをさらに高め、国内外への情報発信に努めたい」と語った。
=2018/02/14付 西日本新聞夕刊=

「旧丸源会館解体説明会」を開催しました。

日時:2019年5月17日(金)19:00~20:00
会場:フォルム三番街(魚町三番街中屋ビル4F)

「北九州エシカル推進ネットワーク 発足記念トークライブ」に参加しました。

日時:2019年5月11日(土)13:30~15:30
会場:タンガテーブル

13:30~ 北九州エシカル推進ネットワーク設立趣旨説明

 私たちが着ている服の原料となる綿花。子どもたちが強制的に働かされて摘んでいるとしたら、その服を着ていて気持ちがいいですか?
 私たちが何気なくいつも飲んでいるコーヒー。生産者には雀の涙ほどのお金しか支払われていないとしたら、その味はおいしいですか?
 私たちの大好きなチョコレート。農園で借金のかたに子どもたちが働かされれていると知ったら、その味はまだ甘いですか?
 私たちが気軽に買うペットボトル飲料をはじめとするプラステック類。それが石油から作られていて自然には戻らず、風化して粉々になって海に流れ着き、魚たちがその被害に遭っていることを知っても、まだプラスチック製品に依存しますか?・・・

 私たち「エシカル種まき隊」は、ここ北九州を中心にエシカル消費を推進し、北九州市をエシカルタウンとすべく活動していきます。そのために以下の活動を掲げます。
 1.エシカル消費とは何かを発信していきます。
 2.誰にでもできる身近な取り組みを紹介していきます。
 3.市内のさまざまな人たちと協働してエシカルな取り組みを推進していきます。
 4.エシカル消費の一部であるフェアトレード(公正な貿易)を推進していきます。

 エシカル消費は国連が定めた「持続可能な開発計画(SDGs)」にも大きく関わり、世界中にで多くの人が取り組んでいます。身近な簡単なことから1つづつ一緒に取り組んでいきませんか。まるで大河の一滴のような一人ひとりの小さな取り組みは、やがてそこかしこにエシカル之花を咲かせることでしょう。その光景を目指して、多くの人と一緒に楽しみながら活動を行いたいと私たちは考えます。

14:00~ フェアトレードとの出会い、これまで、これから

 講師:中村隆市氏(株式会社ウィンドファーム代表)

フェアトレード・森林農法・有機栽培コーヒーのウインドファーム
https://www.organic-coffee.jp/index.html

※南米アマゾン地方に伝わるハチドリの物語
 燃える森に、くちばしで水をすくってはしずくを落とし続けるクリキンディ。
 無駄だと笑われても「私はわたしにできることをしているだけ」と言いながら。
 ウィンドファームの取り組みも、いのちや自然を守り育むためのひとしずくなのです。