ドイツ・ベルテルスマン財団の取材をうけました。

 2019年7月22日(月)10:30~12:00ドイツ・ベルテルスマン財団の取材を北九州まなびとEDSステーションで受けました。取材者は、ソニア・ブラシュケさん、日本語がペラペラのジャーナリストとカメラマンさんでした。

 「ドイツ・べテルスマン財団は、ドイツを本拠地として、世界規模で新聞・出版・放送・レコードなどのメディア事業を展開しているベルテルスマングループを母体としており、年間70以上の公益事業を行うドイツ最大規模の財団のひとつ。
 同財団は、持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)と共同で、各国の国連持続可能な開発目標(SDGs)達成状況を分析したリポート「SDG Index & Dashboards 2019」2016年から発行しており、国連加盟全193ヶ国について、SDGsの現時点の達成状況だけでなく、改善スピードなどについて分析している。」

 北九州ESD協議会森川さんと共に魚町商店街のSEDsの取組について説明しました。

 魚町商店街のSDGsの取り組みはまだ、広報・啓発の段階ですので、目標の達成率というわれも困るというのが印象でした。

【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、各国のSDGs評価「SDG Index & Dashboards 2019」発表 | Sustainable Japan
https://sustainablejapan.jp/2019/07/06/sdg-index-dashboards-2019/40618
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中