「虫町銀天街」に参加しました。

日時:2020年9月20日(日)13:00~15:00
会場:タンガテーブル

ゲスト:
 西藤 誉志也さん(私たちの未来環境プロジェクト副代表)
 秋山大知さん(東京農業大学 うつせみテクノ代表)

 地球温暖化、バッタの繁殖その他の原因により、食料危機が目前に迫っているとも言われています。

 その中で、たんぱく質を多く含む昆虫食が注目されています。

 しかしながら、食べておいしいモノか?繁殖の方法は?どのように食品化するのか?などの疑問がいっぱいです。

 魚町SDGs商店街メンバーと実際の昆虫と見比べながら、福岡市の「bugoom 大名1号店」で購入した昆虫を食してみました。

 結論は、見た目も食欲をそそらないけど、美味しくもない…。

 最終的な目標としては、商店街の空き店舗・空きビルでコオロギを廃棄野菜で飼育して、商店街内で販売するというのが目標でしたが、室温管理や衛生管理、コバエの発生、鳴き声の問題など飼育自体が簡単でないことが判明しました。

 また、どのようにしてしめるのか、低酸素、湯通しその他の方法や、どのようにしてパウダー化するのかなど解決すべき課題が山積しているということが分かりました。

 何事も専門家に確認して、自分で試してみないと分かりませんね。

虫町銀天街ライブ配信
https://youtu.be/cLWTDe9nlIM

私たちの未来環境プロジェクト – 私たちの未来環境プロジェクト
https://mirakan.jimdofree.com/

うつせみテクノ – 東京農業大学 学生ベンチャー
https://utsusemi-techno.com/

コメントは受け付けていません。