カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

「令和2年度地域経済懇談会(北九州地区)」に参加しました。

日時:2020年8月3日(月)15:30~17:10
会場:アートホテル小倉ニュータガワ 3階「華」
1.開会
2.岩永福岡県商工部長挨拶
3.福岡県の新型コロナウィルス感染症対策の取組状況等について
4.意見・要望及び意見交換
(1)一般社団法人北九州中小企業団体連合会
  ①高度化事業における個人連帯保証の免除について
  ②商業・サービス業に対する政策要望について
   ・助成金・補助金の申請手続きの簡素化
   ・専門家の育成、助成システムの構築
   ・融資制度の見直し及び国等への働きかけ
(2)福岡県商工連合会北九州支部会長会
  ①新型コロナウィルス感染症の影響を受けている事業者への支援について
  ②新型コロナウィルス感染症の影響を受けての融資条件の変更手続きについて
  ③事業承継診断に係る協力体制と実施方法について
  ④県主催等の会議・説明会等のオンライン化について
(3)北九州商工会議所
  ①プレミアム商品券発行事業の継続とプレミアム負担、事務経費の支援拡充
  ②中小企業経営革新実行支援補助金(コロナ型)拡充等コロナに打ち勝つ中小・小規模者支援拡充
  ③コロナの影響による廃業を抑えるための中小企業の事業承継支援の拡充
  ④コロナ禍で創業する事業者を応援するための支援の実施
5.まとめ
6.閉会

 私自身は、(1)②を担当しました。事前に提出した要望事項に当日回答書をもらって、県側が読み上げるという内容です。私は、書類を読み上げることは苦手なので、口頭で要望事項を申し上げましたが、事前提出事項にないことへの回答は当たり前のことながらありませんでした。人数も多いので、実質的な議論にはならないので難しいです。

「新型コロナ感染防止対策取組み推進店」募集中!

飲食店の新型コロナ感染防止対策をアピールしませんか!『新型コロナ感染防止対策取組み推進店』について – 北九州市
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/27200184.html

上記は、飲食店向けですが、これとは別に北九州市により商店街・市場向けにソーシャルディスタンス啓発事業が啓発員が各商店街・市場の店舗を回るそうです。

受託事業者が、魚町サンロード商店街の土地・建物を購入しており、組合加入をお願いしていますが、まだはっきりとしたご返事をいただいておりませので、啓発員のご訪問を躊躇いたしております。

「商店街よろず相談アドバイザー」受講!

株式会社全国商店街支援センターの「商店街よろず相談アドバイザー」を受講しました。

日時:2020年6月25日(木)17:00~20:00
会場:フォルム三番街(中屋ビル4階)
講師:東 朋治氏

〇アドバイス内容
・新型コロナウイルスの商店街への影響について、他地区を事例に説明
・今後予定されるマンション開発に合わせた再開発事業の進め方について
・商店街に近接する「船場広場」との連携や活用について
・商店街に隣接する旦過市場の再整備の影響について

〇アドバイス成果
 新型コロナウイルスによって社会構造や商環境が変化する中で、北九州、小倉の中心市街地の動きや魚町商店街の方向性について、専門家と意見交換を行うことで、街全体のビジョンを検討することができた。

懇親会は、東氏お気に入りの創作焼鳥<和や>でした。

新型コロナウィスル感染症を巡る北九州市内の主な動き

新型コロナウィスル感染症を巡る北九州市内の主な動き

新型コロナウィスル感染症を巡る北九州市内の主な動き

 日時 動き 感染者数
2020年3月 1日 北九州市内で初めて感染者を確認  1人
2020年3月 2日 北九州市立学校の一斉休校スタート 0人
2020年4月 1日 新小文字病院で集団感染確認 21人
2020年4月 7日 政府が福岡県などに「緊急事態宣言」発令  1人
2020年4月14日 福岡県が県内全域に休業要請 3人
2020年4月29日 北九州市内76例目の感染者を確認 1人
2020年5月14日 福岡県の「緊急事態宣言」解除 0人
2020年5月23日 4月29日から24日ぶりに感染者を確認  3人
2020年5月25日 北九州市が全濃厚接触者のPCR検査実施を決定  6人
2020年5月26日 「第2波の入り口」と北九州市長が発言 2人
2020年5月28日 北九州総合病院、門司メディカルセンターで集団感染確認  21人
2020年5月29日 「第2波の真っただ中、短期決戦で決着」と北九州市長が発言 26人
2020年5月31日 北九州市内の小学校で集団感染確認 12人
2020年6月 1日 産業医科大学病院で集団感染確認 16人
2020年6月 2日 この日以降感染確認は1桁で推移 6人
2020年6月10日 「予断を許さない状況続く」と北九州市長が発言  1人
2020年6月11日 20日ぶりに感染確認ゼロに  0人
2020年6月19日 「相当程度根を張っている」と北九州市長が発言。公共施設が再開、学校は一斉登校に  4人
2020年6月24日 「落ち着いたと言えるがもう少し様子を見たい」と保健福祉局長が発言  1人
2020年6月25日 「出口が見えつつある」と北九州市長が発言  0人
2020年6月29日 「第2波の 出口にいる」と北九州市長が発言 0人

※2020年6月20日の西日本新聞朝刊の記事を元に再構成しました。

菅氏「第2波と考えていない」 再び感染者増える北九州 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN5Y4335N5YULFA006.html

新型コロナ:山口県、北九州市への移動自粛要請: 日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO59780440Z20C20A5LC0000?s=1

福岡県が北九州市で休業要請延長 接待飲食店とライブハウス|【西日本新聞ニュース】
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/612560/

※教訓:目の前の数字に一喜一憂しない、発言は科学的エビデンスを根拠に

 

神嶽川改修工事に伴う恵比寿橋等の架け替え工事について

 旦過市場の土地区画整理事業と並行して神嶽川の改修工事をするようになったとのことです。
 3本の橋+暗渠部分(どんどこ広場)の改修を含め、10年を超える工期の予定です。小倉中心市街地の交通事情にも深くかかわってくる話ですので、早く工事が終わってほしいと思います。

神嶽川旦過地区の整備 – 北九州市
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kensetu/30000002.html

新型コロナウイルス感染症に係る福岡県制度融資が拡大されました。

「新型コロナウイルス感染症」の影響に伴う事業者向け相談窓口

小倉相談窓口
  電話:093-551-3619
  場所:小倉北区浅野3丁目8番1号 AIMビル8階

雇用調整助成金申請支援窓口【事前予約制】
   社会保険労務士等
   相談時間:月曜日~金曜日 午前9時から12時、午後1時から5時まで

資金繰り専門相談窓口【事前予約制】
   中小企業診断士等
   相談時間:月曜日~金曜日 午前9時から12時、午後1時から5時まで

新型コロナウイルス感染症に係る福岡県制度融資による資金繰り支援 – 福岡県庁ホームページ
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/corona-020130.html

新型コロナウィルス感染症に関する要望書

 福岡県商店街振興組合連合会では、全国商店街振興組合連合会を通じて以下のような要望書を国に対して提出しております。

 また、個人的には5月30日の日経新聞に掲載された北九州市の新型コロナウィルス対策に関する私の個人的意見について、各報道機関から更なる意見の公表を求められていますが、北九州市トップに対する苦情・批判にしかならないので全てお断りしています。

新型コロナウィルス感染症に関する要望書

令和2年5月 日                              
全国商店街振興組合連合会
理 事 長 辰 野 邦 次

 政府においては、新型コロナウィルス感染症の拡大防止と社会経済活動の両立を進めるとともに、影響を受ける事業者向けに種々の支援策を講じて頂いております。一方、地域の商店街及び中小小売商業者は、昨年10月に実施された消費税率の引き上げによる消費者の購買意欲の減退に加え、今回の新型コロナウィルス感染症の影響によるインバウンドの大幅な落ち込みと、自粛要請の継続を反映した国内消費の大幅な落ち込みにより深刻な打撃を受けております。
 全国商店街振興組合連合会は、国による新型コロナウィルス感染症の早期収束に向けた検査体制の強化・治療薬等開発促進と適時適切な情報発信、苦境にある中小小売商業者に対する支援の実施とともに、感染症収束時における個人消費喚起策の早期実施を要望致します。具体的な要望内容は次のとおりです。

1.厳しい状況にある中小小売商業者に対する資金供給支援等

 インバウンド需要の消滅に加え、休業、時短営業、外出自粛要請により中小小売商業者の資金繰りが急速に悪化し、このままでは廃業、倒産が急増しかねない危機的状況にあります。そのため、以下の資金供給支援策等を早急に拡充、改善するよう要望致します。
(1)資金供給支援措置の手続簡素化、迅速化、申請支援迅速な対応が可能となるよう手続きの簡素化と申請支援体制の強化
(2)持続化給付金の要件緩和、追加給付、給付額引上げ、申請支援売上減50%未満の事業者も対象とするなどの要件緩和や、売上減が継続している場合の追加給付、給付額引上げ、そして申請支援体制の強化
(3)中小小売商業者への家賃等助成制度の創設、家主への固定資産税減免措置等の支援中小小売商業者の家賃への助成制度創設と賃料を減免した家主への固定資産税等減免などの支援措置
(4)雇用調整助成金の拡充、手続簡素化、迅速化
 申請支援上限の引き上げ等の制度拡充、迅速な対応が可能となるよう手続き簡素化と申請支援体制の強化
(5)法人税、事業税、固定資産税等減免措置拡充
 固定資産税・都市計画税減免措置の対象に土地を追加する等の免税措置拡充、法人税、事業税、都道府県民税、社会保険料等の減免措置拡充等
(6)廃業を回避するための事業承継支援の強化、相談体制等の強化

2.新型コロナウィルス収束時における消費喚起策

 全国的な自粛ムードの継続により消費者マインドが著しく冷え込んでいるため、各地域における感染症収束状況を踏まえつつ、以下の消費喚起策の早期実施を要望致します。

(1)「GoToキャンペーン事業」の早期実施と実施にあたって地元商店街の参加促進低迷している消費喚起のため可能な限り早期に実施。その際、地域経済の再生に貢献するため地元商店街等の参加を促進
(2)最大規模となるプレミアム商品券事業の実施、地域内の消費等を喚起するためプレミアム商品券事業の実施
(3)消費税の一定期間減免、個人消費を盛り上げるため消費税を一時凍結
(4)高速道路料金の減免、感染症収束時における観光促進のため高速道路料金を減免

3.その他

(1)地方創生臨時交付金の拡充
 休業、時短営業等の自粛実施事業者に対する自治体の柔軟な支援、各地域で独自に実施する消費喚起策等を可能とする地方創生臨時交付金の拡充
(2)中小小売商業者の環境整備等に取り組む商店街への支援
 公共空間の維持(路面管理、街路灯等)等に取組む商店街の活動への支援

新型コロナウィルスン関する事業者ワンストップ相談窓口相談員になりました。

2020年5月14日(木)から行政書士会から派遣されて新型コロナウィルスン関する事業者ワンストップ相談窓口相談員になりました。

初日の午前中は、先輩相談員について相談内容を勉強して、午後から相談を受けました。

私が受けた相談数は5名、あっという間の1日でした。

もっぱらセーフティネット6号の認定に関する相談です。

「新型コロナウイルス感染症」の影響に伴う事業者向け相談窓口について【予約制】 – 北九州市
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/san-kei/10700296.html

福岡県知事に要望書を提出しました。

新型コロナウィルス感染症の緊急事態宣言に伴う福岡県の特定警戒都道府県解除を前に福岡県知事に対して、要望書を提出しました。

提出者は、福岡県商店街連合会と福岡市商店街百貨店量販店連盟の連名ですが、私自身も福岡県商店街振興組合連合会理事長として陳情書の中味に意見を言わせていただきました。

福岡県商店街振興組合連合会としては、明日(2020年5月14日)の特別警戒都道府県解除を受けて、事前に実施したアンケートをもとに商業振興策について、福岡県知事に要望書を提出する予定です。

令和2年5月13日

福岡県知事
 小 川  洋 殿

福岡県における商業集積への協力要請の緩和について

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、4月8日から5月末まで実施されている休業・自粛要請に関しては、5月14日に開催される政府の専門家会議を経て、緊急事態宣言ならびに特定警戒都道府県の指定が一部解除されるか否かについて発表がなされることとなっております。
また小川知事におかれましては、「必要な医療体制を確保しつつ、段階的に経済、社会活動のレベルを上げていきたい」と、緊急事態宣言に基づく制限緩和に向けた新たな考え方や実施時期の方針を、5月14日にも示すと報道されております。

流通小売業界は、消費税率の引き上げによる消費の落ち込みや暖冬などの影響で季節性の商品販売に苦戦しているところに、この度の新型コロナウイルス感染症拡大防止への協力要請を受け、百貨店や商業施設に入居する店舗においては休業を余儀なくされ、また商店街等の店舗においては協力依頼への対応や消費者への外出自粛要請の影響により売上が低下しており、経営的に大変厳しい状況が続いております。

ついては、福岡県が「特定警戒都道府県」の指定を解除された場合、休業・自粛要請の緩和について、商店街、百貨店、量販店等のあらゆる商業集積に対し、緩和の対象に加えていただき、早急な地域経済活動の再開に向けたご支援を賜りますようお願い申し上げます。

福岡県商店街連合会
会長  鳥 巣   勲

福岡市商店街百貨店量販店連盟
会長  正 木 計太郎 

「北九州空き家リノベ補助金」が創設されました。

空き家リノベ補助(住まいの安全安心・流通促進事業) – 北九州市
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ken-to/k7400006.html

「令和2年度「住まいの安全安心・流通促進事業」の変更点(PDF形式:356kB)」のPDFファイルが壊れていますね。

「空き家リノベ補助(住まいの安全安心・流通促進事業)リーフレット(PDF形式:719KB)」も壊れています。

PDFファイル壊したままでUPするなんて考えられないけど、すぐに修正すると思います。